最新記事一覧

収入がない人の債務整理

裁判所

人生をやり直す

任意整理と個人再生は、継続的に将来も安定した収入がある方が行える債務整理の手続きです。借金が全額無くなるわけではありませんので、任意整理は利息制限法以下に引き直し計算をして残った借金、個人再生も引き直し計算と一部財産を処分して減額された借金を、3年または5年かけて返済をしていく手続きですので、残った借金を返済していくためにもある程度の収入が見込めることが、これらの債務整理をする条件となっています。では、無職である、または何らかの事情で働くことができなく収入が無い人は、借金を抱えていても任意整理や個人再生は債務整理として選択することができないとなります。それが自己破産であれば、借金がまったく無くなる手続きですので収入が無い、返済能力が無いという方でも行うことができる債務整理です。自己破産を申請して免責を受けることができれば、人生をやり直すことができます。自己破産は、借金を帳消しにできるメリットがあります。どれだけ多重債務で返済が遅れていたとしても免責が下りれば返済不要な借金となります。ただし、免責を受けるにはいくつか条件があり、また免責不可事由がありますので、自己破産できるかどうかは弁護士に相談をすることです。まずは、無料相談を利用して収入や借金の額、保有財産の状況などからどの債務整理が一番向いているかプロのアドバイスを受けます。稀に相談料が優良な事務所がありますので、相談無料を選びます。