最新記事一覧

借金の処理方法の一つ

お金

弁護士や税理士に相談しよう

様々な理由によって借金の返済能力がなくなり、どうにもならない状態になったら任意整理を行いましょう。任意整理の中にも様々な方法があり、最終手段として選択されるのが自己破産という方法です。自己破産は、自分に返済能力がまったくないことを示して、裁判所にて返済の義務をなくす手続きを取ります。自己破産の申請を始めた瞬間から、債権者が借金の取り立てを行う権利はなくなり、全て代理の弁護士などを通じて手続きを行うのが普通です。自己破産のメリットは借金の返済義務がなくなることですが、一定期間特定の職業に就けなくなる、クレジットカードを使えなくなる、債権者や家族に迷惑がかかることがある、社会的信用を失うなどのデメリットもあるため、よく考えて判断をしましょう。さて、自己破産をすると決めたら、まずは税理士か弁護士に相談して、代理人をたてます。正式に代理人への依頼が決まったら、必要書類を準備し、裁判所へ面談へ行き手続きを開始します。最初の面談は、代理人が行います。手続きが無事に終了したら、終了通知を受け取って、晴れて自己破産が完了するという流れになります。そして手続きが完了したら、代理人に報酬を払います。報酬が払えない場合には、分割もOKのところもあるので、事前に確認しておきましょう。自己破産手続きは、全て自分で行うとなると難しく不備も多くなってしまうため、費用はかかりますが必ず代理人をたてるのがおすすめです。