最新記事一覧

最大のメリット

相談会

借金を帳消しにできる

自己破産で債務整理を行う最大のメリットは、借金を帳消しにできることです。借金をいくら抱えていても無くすことができますので、多重債務で苦しんでいる人にとっては最適の債務整理といえます。債務整理には他にも任意整理や個人再生があります。これらの手続きは借金がすべて無くすことができるのではなく、減額させる手続きなので借金が残ります。減額してもらっても借金の返済を分割で3年または5年かけても返済をすることができない、それ以前に無職や働くことができない人にとっては何百万とある借金を返済することは困難ですから返済することが難しくなります。自己破産をすれば、借金が無くなるので無収入の人でもできる手続きです。借金が無くなるメリットはありますが、デメリットもあります。一定期間額以上の財産は差し押さえられます。住宅を保有している場合は、手放す必要があります。現金は99万円、その他財産は20万円までしか持つことができなくなるのです。そして、一定期間ローンを組むことができなくなります。また、自己破産をすると一定の職業にも就くことができなくなるのです。借金はゼロにできますが、自己破産をするには40万円〜80万円ほどの費用がかかります。こんなに払えないと思っても何百万とある借金をこれだけの費用で行えるわけですから、それを考えると自己破産をしたほうが有利といえます。高い費用は課題ですが、身内に援助してもらったり返済が停止している期間にお金を貯めるなどして費用を捻出しています。