最新記事一覧

お金がかかる手続き

弁護士バッジ

費用の内訳について

自己破産は債務整理の手続きの中で、借金の返済を法的に免除される、つまり破産成立後は一切支払わなくてもよくなる手続きです。多額の借金を抱えている人にとっては、今後返済をしなくなくてもよくなるということで、これとない救済措置ではあるのですが、自己破産の手続きをするにも費用がかかるのです。弁護士費用は20万円〜40万円なのですが、裁判所への諸費用として切手代1500円、収入印紙代3,000円〜15,000円、予納金が同時廃止事件だと10,000円〜30,000円、管財事件だと20万円〜50万円程度かかります。合計をすると40万円〜80万円はかかると思っておいたほうがよいです。ただ、自己破産をする人というのは収入が少なかったり、借金返済でほとんど消えてお金をあまり持っていないという方もいます。そういった人に自己破産の費用が数十万円もかかるというのは、一見高額な費用の支払いにも思えてしまうのですが、弁護士費用以上に借金の金額が多額で合った場合は手続きにかかる費用だけ支払えば借金をチャラにできてしまうということになります。そういった事情は相談を受ける側の法律事務所も分かっていますから分割払いや後払いに応じたり、法テラスの制度を利用することで立て替えてもらうこともできます。また、住宅を保有している場合は処分することになります。住むところをどうするかですが、弁護士に相談をすることでアパートを紹介してもらうこともできます。